脱毛 口コミ

MENU
このエントリーをはてなブックマークに追加
口コミで人気No.1脱毛エステサロン
ミュゼプラチナム

毛抜きでムダ毛を処理するには

ピンセット

自己処理の中で毛抜きを使用できる範囲は限られていると思いますが、皮膚が薄く柔らかいという共通点がありますね。

主にワキのムダ毛処理や、ビキニラインのムダ毛処理に使用される方が多いと思いますが、敏感な場所になりますのでいくつかの注意点があります。

 

毛穴を広げておく

ワキのムダ毛処理を例に挙げてみますが、皮膚が薄く柔らかい部分なのにもかかわらず、毛質は比較的しっかりしているということがいえますよね。

カミソリで剃ってみると表面のムダ毛はなくなりますが、毛穴の中の黒いポツポツが透けて見えてしまうということがありませんか?


処理をしていても、なんとなく恥ずかしくてノースリーブやキャミソールが着られない。電車のつり革に掴まれない。そんな女性は多いのではないでしょうか。

 

あまり毛量が多いと難しいかもしれませんが、毛抜きで抜いてしまうとある程度の期間は根こそぎムダ毛がなくなりますので、必要以上にワキを気にする必要もなくなります。

1本1本毛抜きで抜くのは少し大変ですが、半月以上綺麗な状態をキープできますので、手軽な自己処理としてはおススメできると思います。

 

ただ、むやみやたらとムダ毛を引っこ抜いたのではトラブルの原因になります。

ワキのムダ毛は毛質がしっかりしていますので、ワキをしっかり蒸らして毛穴を広げておくことが大切です。

毛穴が緩んでいると抵抗なくムダ毛が抜けますので、肌への負担も少ないですね。

 

埋没毛は掘り出さない

毛抜きでの自己処理を繰り返していると、ムダ毛が表面に出てこず、皮膚の下を這ってしまうような埋没毛が起きることがあります。

炎症や化膿することもありますが、ムダ毛が透けて見えるだけということもあります。


針の先などで掘り起こしてしまう方もいますが、炎症の元になりますのでやめましょう。
もし化膿や炎症で腫れているようなときには、皮膚科の受診が一番ですね。

 

埋没毛や毛嚢炎は肌の弱い方に起こりやすいものですので、適切なアドバイスを受けることも大切です。

 

鎮静と清潔を心がける

毛抜きでムダ毛を抜いた後は、毛穴がダメージを受けています。

熱を持って赤くなっていることもあるのではないでしょうか。

 

清潔な冷タオルで冷やして炎症を抑えることがおススメです。

また、制汗剤やパウダーなどの使用は数日は控えておくことが賢明ですね。

開いた毛穴に制汗剤などが詰まってしまい、トラブルの元になることもありますので、注意が必要ですよ。


脱毛口コミランキング